スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
グルッと集中音波責め…の結末
2011/06/13(Mon)
2011.6.13(月)

天気予報を見る限りてっきり雨だと思っていたら、今のところ(朝)お天気。
週末(金曜から)のメモを簡単に・・・

・週末より特別なお客様
・レーザーと赤外線(マイクロ波と思われる)による熱攻撃
‘ごくごく’近い近隣住民による家や車からの加害
・早朝3時から超集中的。様々な試験も兼ねているようだ。
・我が家に‘ごくごく’近い近隣住民たちによる、我が家に‘ごくごく’近い場所での加害
・加害の際の‘音消し’の為に相当数の音波を使用
「家の出入りの際のドア(及び窓)の開閉音」・「車の出入り音」・
「足音・気配音」・「機器の設置・リセット音」を聞こえなくさせるため

・・・
そのほとんどが教師と「金が無い」が口癖の近隣住民たちは、
自分たちが使っている、また周囲に巡らされているこの機器の‘効能?’を十分に把握した上で
加害・加担している。

それをもって徹底的に我が家に‘執着=監視’。
更に監視をしやすくするために、
‘レーザー(熱)・赤外線照射’・‘咳の誘発’・‘周囲の音と人通りの操作’を行っている。
そして近隣住民たちの‘言動’はシナリオ通りといった統一感あふれるデキバエ。

・・・
昨晩はかけっぱの部屋のラジオが、途中でブツッと音が鳴らなくなった(FM全滅)。
もう夜遅いのにお隣の若松さんのお宅からえらくドタドタ音とか窓をピシャッを閉める音とか、
外にも出ていたような…そんな騒々しい音が聞こえていた。
そうするうちにブツッ!
(局側の都合か?でも内容的には尻切れトンボで余りにも唐突だった。)
(去年この加害が始まったばかりの頃も、我が家のラジオ、妨害電波で邪魔されてた。)

ラジオの音がうざかったのか?(集音行為=盗聴なんかするからさ。)
はっきり言えば、ボリュームは私の部屋でギリギリ内容が聞き取れる程度。

あなたたちの新企画‘我が家へ向けてグルッと集中・音波責め’のせいで、
ラジオの音ちっともきこえやしない・・・

若松さん、お宅との対極から向けられた志向性音波にラジオの音がのっかって…
しかも(我が家への盗聴目的のための)集音機器によって増幅しちゃった音が
お宅へ届いたのでしょう。

文句ならお仲間へどうぞ

・・・
私がネットに接続するたびに、すっとんで帰ってきては車のドアをバタンバタンさせる壱岐さん、
あなたも本当にご苦労様ですね。
・・・
あっそうどう、私の脳波の関与、まだやってたんですね・・・
そして、私の‘瞳の動き’、ちゃんと読んでますね・・・
ま、あの小さなあらゆる‘穴’を狙えるんだからね・・・




スポンサーサイト
この記事のURL | 電磁波(音・光・熱)・希ガス・赤外線(レーザー・サーモ) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
加害について(手法)
2011/05/24(Tue)
2011.5.24(火)雨

加害について他ブログより抜粋です。
これまでの観察・経験から私も同様の部分が多かったので。。。
(特に経験上、深く同意、また強調しておきたいものは太字にしました。)

・・・
『不幸のブログ』被害と健康へのアドバイス より部分抜粋。

今日一つ目の記事です
   …
最近は締め付けられるだけではなくて
熱で焼かれたようなひりひりとした痛みも多く
現実に熱での関与が増えている事もありますし…

熱を持った空間が突然出来上がる体験も頻繁に在りますし
音波やマイクロ波を複数箇所から照射しては
其処に熱の塊、低温のプラズマでも作っているのだと想像しています。

電磁波は二つ交差させればスカラー化して更に人体にとって
有害になりますし、三つ交差させればプラズマ化
する事も出来るようです。

プラズマ兵器は其れを応用したものですし
現実に存在しています。

奴等は外からは見えない場所、
証拠として認識出来ない事を
加害行為の中心
としている気配があります。
   …
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この医療用技術の悪用とも言える関与は
とても細かい精度を持って人間の人体に対して
関与する事が出来るものです。

勿論一つの技術だけではなくて
複数の技術を利用してのものですし

其の中にはレントゲンのように身体の中を撮影したり
赤外線カメラのようなもので壁の向うから
こちらの動きを見れるような技術
もあります。

身体の特定の場所を特定して其処に関与してくるような技術は
間違いなくパソコンの様なもので管理しなければ無理でしょうし
キャドの立体画像のように人体の立体画像を取り込んでいるとか
しなければ無理だと言える関与も多いです)

パソコンモニターを見据えてオペレーターは科学力を照射している。。

・・・(本文はまだまだ続きますが抜粋ここまで)

先日の深夜の加害で、改めて確認できたのは、
①就寝時(最終的に体の位置が確定、一定時間体が移動する可能性が低い(固定)という意味で)
スキャンやレーザーなどで位置を確認
→②体の攻撃部分を確定
→③‘ピュン’という空間に響く音(無線か何か)で周囲に待機している複数の加害者に合図
→④合図により各々(複数の色)のレーザーで確定した攻撃部分に焦点を合せる
→⑤そのピンポイント部分に、様々な加害波・加害光をのっけて…複数の、複数による攻撃開始

それぞれ別の色のレーザーを使うことにより、オペレーターも分析&指示がしやすいとか?
(「あっ、グリーン(のレーザー)もう少し角度を上へ」なんて…)

また‘音波’は加害の際のあらゆる‘音’を消すのに大活用されています。
窓やドアの開閉(加害者宅の庭やベランダに機器を設置したり、レーザーの目視など)、
我が家の周囲をうろついたり(機器の設置=至近距離からの加害)、
設置した機器の向き・角度の調整・スイッチのon/off…

これくらいの音…つまりは我が家のごく近くの住人の仕業であることを自ら証明しているようなもの。




この記事のURL | 電磁波(音・光・熱)・希ガス・赤外線(レーザー・サーモ) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
地震雲
2011/04/23(Sat)
2011.4.23(土)晴れ

夕べは雨が降ったようで朝外を見ると一面ぬれていた。
久々の雨。
まとまった雨が降らず、我が県の一部では、ダムの水位が観測を始めて最低を記録したそうだ。

もともと私たち人間は、自然の力にはかなわない。
自然への畏敬の念というものを忘れていた私たちにはそれを心に刻む良い機会かもしれない。

しかし、多くの人間がその存在に気づいている、気づき始めている【HAARP】。
私たちが‘自然に…’と思っていたそれらの多くは、
実は‘人工的に引き起こされたもの’だった、、、

・・・・・
私の近所の加害者はこの【HAARP】を持っている、
という言い方が良いか、
【HAARP】の原理を知っていてそれをターゲットの周囲の環境を利用して作り上げ試している、
と言った方が良いか。

先日、youtubeで津波の動画を観ているといつの間にか【地震雲】の動画にたどり着いた。
地震の前に目撃される【(何種類かの)雲】と【電磁波(の強さ)】には規則性があるという
内容のものだった。
模型の中で地中(にみたてたもの)に電磁波を流す。
電磁波の強さごとに、目撃された何種類かの形状の雲が作り出される。

某国が…とか、軍が…とかではもはやなく、
ノウハウを知っていれば、おそらく誰でも作り出せる兵器…【HAARP(もどき?)】。

※推奨※
『不幸のブログ』
http://ameblo.jp/uruseiblog/archive1-201104.html
【HAARP】その他諸々今現実に起こっている目に見えない電磁波機器の悪用・乱用について
書かれてあり
ます。



この記事のURL | 電磁波(音・光・熱)・希ガス・赤外線(レーザー・サーモ) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
変態は変態同士で遊んで下さい
2011/04/12(Tue)
2011.4.11(月)2本目

向かいの県立高校公舎に住んでいた校長が、3月31日付けで定年退職を迎え
公舎から退去した。

退去が迫った日々は、「やぶれかぶれ」「なりふりかまわず」という言葉がぴったりな
加害っぷり。そして加害に必要なインフラ整備っぷりであった。

‘今のうちにやれることをやれるだけやっておけ’…そんな思いが伝わってくるかのような
慌しさ&攻撃…。

・・・

校長が車で慌しく外出すると、そのすぐ後をI(向かいの元看護師の弟)が車で追う。
隣の高校教師と校長とIが織り成す車での‘金魚のフン’騒動は、
校長宅から運び出した‘加害機器’をアジトへ運び、彼らに引き継いだのだろう。

この正月に「アルツの母親をあずかることになった」といって校長宅へ車から持ち込まれた
‘荷物’は見ていたら相当な量だった。
(アルツのお母さんの話は、機材を運び込む為のカモフラージュだったようだ))

どうも、基本、我が家に面する(彼らの家の)窓には黒くて四角い物体。そして車だ。
これが彼らの必需品。

・・・
夕方、不自然なほどの暑さを感じたので部屋の温度計を見ると28℃。
そりゃそうだろう。
前後左右から照射しているのだから。
・・・

マイクロ波(熱系・赤外線)・音波・低周波(振動)…
スキャン(赤外線カメラ・赤外線サーモ)→ピンポイント攻撃…
脳への関与…

申し訳ないが、変態は変態同士で遊んで欲しい。


この記事のURL | 電磁波(音・光・熱)・希ガス・赤外線(レーザー・サーモ) | CM(1) | TB(0) | ▲ top
これは何波ですか?透けました
2011/03/07(Mon)
2011.3.7(月)

ターゲットの家の中の盗聴・盗撮については、
もはや、赤外線カメラやサーモの沙汰じゃないですね、、、
それとも‘コレ’がそれらの成せる業?

(先日書いた)複数のアメーバーのようなうごめくピンクの半透明の光…
昨夜またアイマスクごしに確認できたが、
そのまま目をあけてみると、ナント、、、

アイマスクが透けている
アイマスクの前に自分の手をかざしてみると、アイマスクをしたままなのに自分の手が見えた。
正確には‘ピンクの光に纏われた手の輪郭’が見えた。
(ピンクの光は赤外線だろう)

携帯電話は同じようにかざしても見えなかった。
<赤外線を発するもの> <赤外線を帯びたもの>が対象なのか、、、

・・・・・
我が家に照射される白い光、そしてマイクロ波と思われる熱系のもの、
建物に照射することで、アイマスクのように家の壁も透けるのでしょう、、、
夜も、車からのライトの照射で服なども透かしているのでしょう、、、


現に肉眼でこれだけ見えたのだから(蜃気楼ごしにモノ見るような感じに)、
これに特殊な何かをプラスすれば
昼夜問わず、家の外から服の外から‘全てお見通し’ってことか。。。
・・・・・




この記事のURL | 電磁波(音・光・熱)・希ガス・赤外線(レーザー・サーモ) | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。