スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
隣人W宅に私服警察がやってきた
2010/10/11(Mon)
2010.5月の深夜、隣人宅に警察(私服)がやってきた日の深夜~朝にかけての彼らの行動…
多分、隠蔽工作です。
2010.6.5 0.51

5月のある日の深夜に警察がこの隣人宅へ来たことがあります。
これは翌日、隣人奥から直接「主人が対応したのだけど警察の方だったようです」と
聞きました。
「付近で不審な人物の足音がすると通報があった」かららしいのですが、
なぜ隣人W宅を?深夜にも関らず?分からないのですが、その後の隣人の行動はとても興味深かったです。
・・・・・

深夜24時を回り、25時くらい…私は部屋の電気を消して寝ていたのですが、
車が我が家の前をウロウロする音がしたので窓から見たところ、1台の車が中からライトを照らして
家々を見ています。車を我が家の下あたりに止め中から2~3人くらい?出てきました。
我が家ではなく隣人宅に行ったようでした。
しばらく何やら話して帰っていきましたが、こんな時間に何だったんだろうと気になり、
しばらく窓から見てました。隣人宅には明明と電気がつけられ、しかし、シーン、、、
しばらーくした後、隣人W宅から奥が誰かと電話で話している声「はい…。 …  はい…。」
という声が聞こえてきました(誰かの指示を受けてる感じ)。

そしてそれからです。夜中(深夜)であるにも関わらず、家中の“ある物”を取り外し始めました。
私が、「(彼らの家で)ここに盗聴・盗撮関係の機器が設置されていると」と考えていた場所!
とても慌てた様子で次々取り外している様子。
下の写真をご覧頂くと分かるように、部屋の電気をつけた状態で我が家付近に取り付けた“ある物”
を取り外そうとすると、こちらからはとてもよく見えるんです。
途中で気づいたらしく電気を消しましたが、彼らにしては珍しい凡ミス。
そこに頭が回らないほど動揺していた様子が見てとれました。
(もしかするとお仲間が電話かメールで教えたのかもしれません)

彼らがその“ある物”を取り外した瞬間に、これまでしつこく出ていたテレビやラジオのノイズが
消えました。そうして取り外したものを、外(家の裏側)出して、とりあえず第一段階終了。

朝を迎えました。
その朝は“チュンチュン”“チュッチュッ”という鳥の声に似た電子音がうるさいくらい周囲で飛び交っており、
あとで分かるのですが、その頃は連絡に無線を使っていたようです。
ちなみに、嫌がらせ隣人宅の(うちと反対方向の)隣はS会信者M宅。
ここは無くなったご主人と今居る70歳をすぎた奥さんともにハム無線をしていたとのこと。
息子は電気屋さん(この犯罪にはうってつけ)だと後で聞きました。
このMさん宅の2Fベランダにこれまで見たことない1本のポールが設置されてたので
そこが基地の役割をしていたのではと思います。

話を戻しますが、
朝、通学する娘2人の手には四角くパンパンに膨れたスポーツバッグが握られ、余程重い様子が
見てとれました。娘さんはこれを運ぶのは無理と思ったのか、一旦玄関へ引き返そうとしますが、
窓から見ていた母親(奥)が人差し指で“行け!行け!”と合図。
やっとこさ自転車の荷台にくくりつけ、上から見守る母親は娘に指で数字の“8”(左手パーに
右手3本指を重ね)を示し、娘がコクンと頷きうふらつきながらもチャリでとりあえず家を離れました。

“8時にね”(8時にどこどこで落ち合いましょう。そのときそのバックの荷物を回収するから)
という意味の合図と受け取りました。

二人目の娘も同様に出て行き、8時前に奥は、夜中玄関脇の裏に置いた“撤去物”をもって車で
出ていきました。
(夜訪ねてきたのが警察だったと聞いたのは、その時です。花の水遣りで外に出たので)

あの量は、かなりの器材が家中にあったことを示しています。
そしてそれは万一警察に踏み込まれ見つかったらまずいもの、であった訳です。
・・・・・
この日以降、車を使ってアジトを往復し、なるべく自宅に“物(ブツ)”を置かなくしたように
感じられます。娘の様子を見る限り、事態は飲み込めています。
子供を含めた一家総出の隠蔽工作の一例でした。

※取り外していたものに盗聴・盗撮に関わる機器があったことはある根拠を元に断定し記載
しました。しかしその根拠はここでは記載しないものと致します。


かなりの長文、最後まで読んで頂きありがとうございました。
スポンサーサイト
この記事のURL | ⑥-2 隣人W宅に警察が-隠蔽工作- | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。