スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
発見されない盗聴・盗撮機器について(5)-【運び屋・その他】-
2010/09/30(Thu)
2010.9.30(木)

これまでに書いた方法の他に、いくつかざっと書いておきます。
恐らく、この犯罪のインフラ環境がほぼ整ったこの地域においては、もうこんな方法を使わずとも
欲しい情報は手に入っているはずなので、ちょっと古いかもしれません。
そのほとんどを嫌がらせ隣人Wから学びました。

・郵便ポスト
・洗濯物
・移動式衣装かけ
・自家用車
集音器(ICレコーダーなど)と思われるものを郵便ポストに入れたり、小さな袋に入れて洗濯物に
まぎらせて干したり、また衣装をかけるゴロゴロがついたやつ子供のカッパ(雨具)を干すふり
して、やはり小さな袋に入ったブツらしきものをぶら下げたりしてました。
(ラジオのアンテナをくるくる動かして調べてみた限り、ノイズの入り具合から無線電波をとばして
いる何かです)

あと、<各種機器の配達・設置>には新聞配達員、宅急便、郵便配達員を利用しているようです。
特に夜中の新聞配達及び早朝お回収員を私は“運び屋”と呼んでいます。
また情報を共有するため、<私達(ターゲット)の音声や画像が納められたテープやフロッピー、新聞の類>も
そして連絡事項についても同じように配布されていたのではないかと。

彼ら“運び屋”は欲しいときに欲しい所に運ぶことができる大変便利なアイテムです。
ポストに入れれば新聞と一緒に怪しまれずに受け取ることができ、またそれらをきちんと
回収することも忘れません。

ついでに、隣人宅へ夜中ライトを照らす悪戯もやってのけます。
隣人からすると、まるで我が家が隣人に向けてやっていると思うでしょう。

あとは、車は頻繁に使われています。
家の中にいて、突然TVやラジオにノイズが入ったり、電磁波を感じる時、その方向には必ず
近くに路駐している車両の存在があります。
注意してみているとその車両の移動とともに、電磁波も動くため、非常にわかりやすいです。

とにかくお隣やお向かいさんからはたくさんのことを教えて頂きました。

ただ、率直なところ、これらの方法はかなりマイナーというかローテクというか…
「集スト」というには、余りにも素人に毛が生えた程度のやり方だと感じています。
また日を追うごとに彼らはやり方を変えてきますので、その辺りはご了承下さい。
スポンサーサイト
この記事のURL | *発見されない盗聴・盗撮機器 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
発見されない盗聴・盗撮機器について(3)-【FMラジオ】編-
2010/09/30(Thu)
2010.9.30(木)

(1)(2)で、<建物の梁>や<排水管>に仕込んだ盗聴・盗撮機器について触れ、
私の携帯や電話機から音が拾えること、そして映像や音を家庭にあるテレビやラジオを通して
配信できる
 と書きました、その根拠としてもう一つ思い出したことがあるので追記します。

私の携帯は、FMラジオが聞けます。
なので、散歩や外出の際は、イヤホンをしてFMラジオを聴きながら…のことが多いのですが、
一度、いつもの散歩コースを歩いていたとき、ラジオの音声に乗っかるように、ラジオから
<トントン、カンカンという工事の音>が入り込んだことがあります。
このとき、周囲を見渡すと、細い川を挟んで向こう側でアパートと思われる建物の建築していました。
他に工事をしているところはなく、イヤホンから聞こえてくる音と作業員の作業がリンクしていたことから
この作業の音だと確信。

イヤホンをはずして聞いてみると、音はかすかに響いてますが、肉体の耳で聞く音と
ほんのFMラジオから聞こえてくる(ほんの少しエコーがかかったような=はもっているような)音では
聞こえ方が違いました。

ちょうど南側隣人や近隣の古株おばさんがたが、やたら「最近ラジオばっかり聞くようになった」
「ラジオは楽しいよ」などとやたら“ラジオ”を意識する発言があったこともあり、、、
「何か怪しい…」と思っていた矢先のお話でした。

集スト被害の方で「加害者の連絡方法にFMラジオが使われているのではないか」と
おっしゃる方が結構いらっしゃようなのですが、
私は自分のこの経験を通して、FMラジオ“も”、集スト加害の重要なアイテムであると
確信したところです。

この記事のURL | *発見されない盗聴・盗撮機器 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
発見されない盗聴・盗撮機器について(2) -【水道管】-
2010/09/30(Thu)
2010.9.30(木)

やはりこれも総攻撃を受けた5月のある土日のこと、
(1)で書いたように、こちらの動きを相手はみていると確信し、家の周りをぐるっとみて回っていたときのこと。
携帯電話が鳴り「ハイ、もしもし…」としゃべりはじめた途端、携帯が軽くハウリングし、
相手の声に乗っかるように携帯から<チョロチョロチョロ~と水が流れる音>が聞こえてきました。
水が流れる音、といっても色々あるかと思いますが、とっさにイメージしたのは“配(水)管を流れる水”の音(軽くエコーがかかったあの感じです)。マンホールに水が流れる音といってもいいかと思います。
「えっ?」
しゃべり続けながら場所を移動すると、その場所、特定の場所のみで聞こえることが分かりました。
しつこいようですが、その音は携帯から聞こえるてくるのです(相手の声と同時進行で。)

そこはどこかというと(またまた登場!)南側隣人と我が家の境目で、我が家は普通に和室があるだけですが
隣人宅には風呂場・トイレ・台所があり、外にはお風呂を沸かすガスのスイッチがあります。
(この方角にうちは配(水)管を通していません。)

・・・
そしてそれと同じ音を、後日別の場所で聞くことになるのですが…、それは、近隣の弁護士宅の駐車場(車庫)。
この弁護士の奥さんと南側隣人奥は非常に仲良く、井戸端友。
そしてこの弁護士も、5月の総攻撃を受けた日に、窓から外を見ると、犬嫌い教師T宅の駐車場でTと一緒に居て、私が窓から見ていることに気づくと、さっと影に隠れたあの弁護士です。

状況は、弁護士宅の前を通りかかったとき車庫からあの<チョロチョロチョロ~と配水管に水が流れる音>が今度は携帯を通さすダイレクトに聞こえたのです。「あの時と同じ音…」
車庫には車(奥さんの車)が入ってました。
車が駐車してある状態で(エンジンはもちろんかかっていない)、軽いエコーを伴って車庫の下のコンクリートから聞こえる。恐らく、車に(又は車の中に)何らかの仕掛け(アイテム)があって、弁護士奥がそのスイッチを切り忘れたのではないかと考えています。
車がない時に車庫をみると(その前の道を通ると見える)、車庫中央に何か工事を施した跡がありました(コンクリートの色でわかる)。

なるほど…配水管(水道管)を通って、この辺りは繋がっている…まさに“地下組織”ですね。
音を拾うおおもとは恐らく全家庭。どこから拾った音でもそのアイテムがあれば聞けるということかと思います。


ついでなので、もう一つ。
自宅電話の“盗聴”に気づいたこともあって、その頃は電話線を抜いて使用しませんでした。
(電話機のコンセントは入れていた)
ある時、線をぬいていることをすっかり忘れて、時報を聞くためだったか受話器をとって耳にあてた所、“受話器から”前述した弁護士奥と南側隣人奥の話し声が聞こえてきました。ちょうど弁護士奥が遊びに来ていたようです。(もう流石に、ビックリはしませんね…ここまでくると。)
理屈としては携帯が電話機に変わっただけで、相当その集音力が強いということが分かります。
(ラジオをかけると常にノイズがある)
電話機は南側1Fの部屋に置いてあり、この部屋の向かいは、南側隣人の水道(外の蛇口)と玄関があります。
南側隣人宅敷地内のウチとの境目近くには、西側(バス・トイレ・台所)から東側にかけて配水管が通っていて、我が家と南側隣人宅のちょうど間(あいだ)付近にある電柱、そしてこの配水管を大いに利用しているのでしょう。
それならば以前「木の根っこがどうとか」といってガガガっと水道近くの庭を掘ってたことも説明が付きます。一度植えていた木の根っこをどうとかするのに何でそこまで掘る必要があるのか不思議だったので。

ちなみにこの配水管をまっすぐ東に辿ると道路を隔ててちょうどアムエイI宅の駐車場(車庫)そして1F部屋に突き当たります。
この部屋は女主人の弟(といっても結構年配)の部屋のようですが、私は自分の中で監視・盗聴盗撮部屋と密かに呼んでいます(その根拠はまたの機会に)。

これで、アムエイI宅をしょっちゅう訪れる介護車(この家には介護を必要とする人間がいます)が、
なぜアムエイI宅の車庫ではなく、うちと南側隣人の境目のちょうど配管や電柱がある真下に車を駐車するのか、
なぜ、アムエイIの車があんな形で停まっているのかが理解できた気がします。

ある意味、このしくみを発見できたことは“奇跡”だといえます。
特別、何らかの機器を購入したりした訳でも、一日中張り付いていたわけでもなく、
“偶然”に発見できた事柄です。

神様のご加護があるということでしょうか?

ついでですが、ある種の電磁波や無線の盗聴・盗撮機器(集音器)は、
テレビやラジオを妨害し、ノイズが入ります。
最初の頃は、ラジオのアンテナをぐるっと回し、そのノイズの入り方で
加害が行われている方向に検討をつけてました。
そして、それはどうやらはずれていないようです。

長文になりました。
最後まで読んで下さり、ありがとうございます。



この記事のURL | *発見されない盗聴・盗撮機器 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
発見されない盗聴・盗撮機器について(1)-【建物の梁】編-
2010/09/30(Thu)
2010.9.30(木)

本日の前記事:「(ブログ)拍手の数/テンペスト(電磁波盗聴)」の最後に記載した、

*建物の梁
*水道管
*建物外に露出している管にリード線
*車両
これらの“アイテム”、今更ですが、我が家周辺においては、この全てが当てはまります。

そして、これら環境設備は、一般家庭や車両にあるテレビやラジオ、携帯電話などのアイテムを通して
加害者全家庭に配信されているようです。

これが、この被害において、盗聴器・盗撮機が発見されない理由 … 


これについて、その根拠となる事をいくつかご紹介したいと思います。。

・・・・・

【建物の梁】まさか、そんなところに…!
D1000045.jpg
↑これは我が家の南側隣人宅の屋根(といの部分)を、2Fの私の部屋前のベランダから撮ったものです。
建築法で定められている「(隣との境から)最低1mあけて建築すること」をお互いに最低限守った距離で、ベランダから手を伸ばせば届きそうな近距離です。

忘れもしない今年5月のある土日、これまでにないあらゆる電磁波機器を使った総攻撃を受けていた日のこと。
部屋のどこに逃げても追いかけて攻撃してくることにふと疑問を抱き、
まさか部屋の中が見えている?ベランダに出て周囲を確認して見つけました。

写真のちょうど赤い枠で囲んだ部分のある一角、約1?~1.5?ほど、といの真ん中あたりが切り取られ、
そこからレンズが確認できました。大きさを考えると盗撮用の小型カメラです。
(今思うとどうして写真を撮らなかったかと激しく後悔するばかりですが、
この時は、一瞬にして血の気が引いてそれどころではなかったのです。)

後になって盗撮カメラを使わなくても、電位差や赤外線等を利用して家の中の人間の位置を特定する方法があることを知りましたが、このあたりにはこの方法に適した設備が出来上がっているようで…。

この時はたまたま近距離だったため発見できましたが、大抵は見つけるのは困難でしょう。
私の場合、日頃の状況を考えると、周囲だけでなく、かなり広範囲に取り付けられていると考えられます。

そしてその画像・映像は配線、もしくは電波を伝って各家庭に配信されているはず。

テレビでニュースを見ながら、外出の準備をしていたとき、ふとテレビに目をやると、
うちが取り付けている監視カメラの映像がテレビに映りこんで驚いたことがあります。
恐らく彼ら専用の電波帯を確保していて、たまたま操作をミスッたのではないかと思います。

この総攻撃の2日間はとても家に居られた状況ではなく家族で外出し、1日半ほど家を空けました。
そして帰宅し再度確認してみると、写真のようななんでもない普通のといに変わってました。

*といに盗撮カメラが仕掛けられていたということは音も拾っているということ。

・・・・・     ・・・・・・・・     ・・・・・・・・

南側隣人のお話になったので、ついでなんですが。
これなんだと思います?南側隣人の2F窓を家の中から写したものです。
2010.6.13 6.16

2010.6月のある土曜日の夜、それまでは北側か東側からの攻撃だったのが、南~西からきた初めての夜。
夜遅く、南側隣人の家に誰かが来ていた気配があり、方向を辿っていくとこの窓。
明るくなって見てみると黒い四角い物体が確認できたので写真をとりました。
(ここは隣人宅の階段を上りきった部分にあたり、いつもはこんなものない。)
機器操作のレクチャーの意味もあったのか、翌日曜の朝7時前に、機器ははずされ、向かいのアムエイIの女主人に見送られてタクシーで帰っていったところをみると、やはりどこぞの何者かが来ていたようです。

そして、やはり攻撃が激しかったある夜の北側隣人(嫌がらせ教師)宅
2010.6.5 0.51
↑この1Fの左側の窓の右
↓近づいてみた(黒い四角い物体のすぐ左の点々は我が家のイルミ。でもその上の丸いオレンジの明かりは隣人宅室内のもので昼間も外から確認できます。)
2010.6.5 0.51-3

この両隣の2つの黒い四角い物体、似ていると思いませんか?

後日談…
この写真を撮ったあと、
南側隣人は、夜、私が2Fへ上がる度に、必死に階段の電気をつけて、この窓に“何もないことを”アピール。
(ってか、やっぱりうちの中の音、聞いてるのね。)

北側嫌がらせ隣人Wは、外からみたら似たようなシルエットになるような“棚”らしきものを同じ場所に置いて、あえてカタカタと音をたて、私にもう一度写真を撮らせたい風でした。(ごまかし工作…彼らは得意です)
それと同じことが、2FからLEDライト(暗視カメラかな)を私の部屋に向けたあともありました。
カーテンとカーテンをちょうどイルミの丸い大きさと同じくらい隙間をあけ、部屋の電気をつけると
こちらからカメラを通してみるとピンポイントでLEDを向けているように見えるのです。

長くなりました。
最後まで読んで下さり、ありがとうございました。
この記事のURL | *発見されない盗聴・盗撮機器 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。