スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
前兆? 不自然な近隣の行動・変化
2010/07/29(Thu)
この<犯罪>が激化する少し前に「あれ?最近何かおかしい、何か変…」と、はっきり感じる近隣住民の異変があった。
一見、大したことではないような事柄に思えるが、長年住んでいると、近隣の生活パターンも自分の生活の一部のように身についていることもあって、突然の変化には明らかに違和感を感じてしまう。

ランダムに記載。(あくまで、この<犯罪>の激化前の事例)
---------------------------------------------------------------------------
*長年、あれだけ道路を掃くことが日課だった古株さん達がほとんど道路を掃かなくなった。というより、道路に出なくなった。
*あれだけ道路での井戸端が日課だった古株さんたちが井戸端をしなくなった
*別の犬飼いOさん、いつしかこの道路を犬を連れて歩かなくなった
   (体に良くない 目に見えない何かが道路に向けられているのを知っていた?)

*あれだけ近所の行動にいちいち目ざとく干渉する古株たち、この<犯罪>に関わる一連の近隣の行動(普通にみれば相当怪しく不自然な)には全く触れない(普段の傾向を知っているだけにこれがずっと不思議だった)。

*Kさんと立ち話中、犬が攻撃されているとき「T宅の2階のあの黒い機械、あれ一体何だろう?」と言っても、絶対T家を見ようとしなかった。(動物虐待で訴えたら?とかしきりに進める割には不自然)
そればかりか駐車場の陰にいて、道路に出ようとしなかった。

*この頃、うちの向いであり、校長宅の隣になるIさん(ある時期までは普通に付き合っていた。アムエイの勧誘をしてきたお宅)、突然うちの家族の挨拶に無視するようになった。
うちがIさん宅の犬のことで何か言ったとKさんに話したらしい(もちろんお互い犬飼い。苦情などは言っていない。)

*いつの間にか、近隣の多くにセンサーライトが設置されていた
(ライトによる光の演出<ガスライティング>をねらったものと思われる)
(そうとは知らず、夜の(犬の)散歩に明かりがあって有難いと本気で近所に話していた)
→このように“いつの間にか”近隣宅に軒並み何かが設置されていたり木が切られていたり、何かの補修がなされている。

*いつの間にか、近所の人間関係の構図が変わっていた

*いつも挨拶したり話をしたりする近隣と極力出会わなくなった

*他の近隣の犬に対し、うるさいとかバカ犬だとか言っていた南側隣人Wが、ある時からそれらの犬をしきりに褒めるようになった。と思ったら、うちの愛犬についてはどうでもいいことでもいちいち悪評に繋がる発言連発。

*なぜかこっそり連れ立って外出する近隣

*近隣の外出に不思議な“パターン”、順序がある
----------------------------------------------------------------------------

こういう風に記事にUPすると突然“普通”の日常を“一時的に”演出したりします。
彼らは演技派です)



スポンサーサイト
この記事のURL | ③近隣の変化 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。