スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「立入禁止」による‘陸の孤島’化の裏側
2011/01/29(Sat)
2011.1.29(土)晴れ

鹿児島と宮崎の県境に位置する新燃岳、この霧島連山一帯の自然はとても素晴らしい。
温泉、湧き水、野生鹿、滝、山の空気…天気の良い日は山から鹿児島の桜島・錦江湾が見渡せる。
私自身とてもお気に入りの場所(だった)。

車を運転しなくなってから、訪れていない。
その間、ちらほら、温泉とか、登山とかでアチラのお国の方が増えている…と見聞きしていた。

北海道をはじめ、日本のあちこちの森林・自然を買い漁っている‘方々’…
ココに目をつけないとは非常に考えにくい。

今回の噴火で、近辺は‘立入禁止’区域となっているだろう。
が、私はこの‘立入禁止’となっている期間が非常に‘危ない’と感じてならない。

‘立入禁止’によって人の目がないということは、裏を返せば‘やりたい放題’だということ

・・・・・

「口蹄疫」「鳥インフル」「新燃岳噴火」…ここまで続くとどうしても宮崎県に目がいく。

東国原(元知事)は、「鳥インフル」(就任早々)に始まり、「口蹄疫」で終わった。
新知事も「鳥インフル」(就任早々)に始まり、…

私は、昨年我が家への組織的犯罪が始まった時期が、ちょうど「口蹄疫」が始まったのと重なっていた為、
無関係とは思えない気持ちでみてきた。

これらに共通するのは、経済的打撃は勿論だが「交通・往来が‘制限’される」こと

宮崎からの出入り、宮崎への出入りが実質規制されていたあの数ヶ月、
上空にはヘリやセスナが飛びまくり、どういうわけか、道路や住宅街では電柱(ケーブル)、水道…ありとあらゆる工事がいたるところで行われていた。
(余りにも工事が多すぎる…と犯罪被害者ではない一般の人間も怪訝に感じていたくらい)
ケムトレイルをよく目撃したのも、ちょうどあの頃だ。

ある地域一帯を、実質‘陸の孤島’化…
他からの往来をストップし、「立入制限」を設けることは、
‘彼ら’の基盤整備・目的遂行の為の‘必須事項’とみる。
スポンサーサイト
この記事のURL | *町内会・自治体・行政・政治との関連 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。