スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
哀れな操り人形
2011/09/29(Thu)
2011.9.29(木)晴れ

秋晴れの気持ちの良い朝。
そして相変わらずスズメが‘チュン’とも鳴かない静かな朝。

近隣は、ある家がまた補修。
わずか30戸のごく周辺だけみても、あの家、この家…順繰り順繰り繰り返している。
(‘システムの構築作業’は完成間近?)

(ガガガーッと)コンクリートをほりこがす水周り関係の工事
配水管・といの替え
壁塗りや壁の配線などの家全体を覆って行う補修
屋根に上る屋根の塗り替え・瓦の張替え補修
バケット車が来ての電線関係工事

団地全体を見てもここ数年同じ傾向で、併せて道路工事と電線関係の多さ。
(今回は全体的に‘電線を新しく張替える’のだそう。)

工事が始まる前後は上空をセスナがやたら飛ぶ。

・・・
彼らは‘獣’かもしくは‘操り人形’。
人の姿をした‘獣’についはもはや救いの余地はなく、
マインドコントロール&操られているお人形さんたちは、まだ人間的な部分が残されているだけに哀れだ。

私の動きに合わせてコツコツと加害・情報収集・監視を行うお人形たちのその動きは
オペレーターによって操作・制御されているロボットに近い。
ある程度の学習機能を備えたロボット。

本当に面白い。






スポンサーサイト
この記事のURL | *日記/記録 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。