スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
自治会がらみ第2弾…防犯パトロール
2010/11/06(Sat)
先ほど書いた記事で、地域の防犯カメラのことを書いてまた思うこと。

私の住む自治体では、数年前「地域ホニャララ税」という税金が施行された。
この混乱・不景気真っ只中のいわゆる“増税”である。

行政の再三の説明会、これまた議員の説明説得を通して
住民の多くが「ほ~、なるほど、よく分かりました。納得です!ぜひ地域のために!」
…なんてことにならなかったことは言うまでもない(なんとなく想像できますでしょうか?)。

それをかなり強引にゴリ押ししての導入。
このゴリ押し導入により、徴収しているお金が、
先日の自治体のお話に触れたように、防犯パトロールにも当てられている。

先日の、記事を書かれた方の記事の中には、
「せっかく予算をとって(子供の)“見回り隊”(=社会福祉協議会がやっているのだそう)を
やっていても、(別口で)PTAも忙しいお母さんを動因してやっているので、無駄と負担が…」
ということを書かれていた。

PTAがわざわざ、忙しい父兄を動因してまで見回りをやるのは
これは付回しのためといっても言い過ぎではない。私の地域の場合。

そう、わざわざお金なんてかけなくても、地域・学校が一体となれば、
ボランティアでいくらだってカバーできるということだ。

それは日ごろの付回しを見ていてもわかること。
あれだけ暇な人間がたくさんいて、あれだけ動因できているのだから。

日当をもらって付回しする…そんな防犯パトロールに一銭だって税金を使ってほしくない。

ある人物を悪者=監視すべき重要な人物…なーんて付回し・監視の口実をつくらなければ
まとまらないような地域ならば、所詮そんなものなのだ。
そして、子供、子供…と何でも子供を守るためといえば許されると思っているのは
エコという餌でがっぽり儲けるエコ詐欺と同じだ。

子供は、家庭・地域・学校の三位一体でのサポートが必要だといわれる。
それについては何も意義はない。
でも特定人物の付回しや監視という異常事態を引き起こしての地域の防犯体制はやはり異常。

その前に、地域や学校での取り組みの前に、やはり親、家庭でのサポートが前提なのではないか?
そう考えると、ガスライティング(嫌がらせと監視といういやらしい行為)を行っている親ら
(自治会関係者、そして学校関係者も含めて)が、自分たちのそうした行いをまず正すことから
始めなければどうしようもない。
なぜなら、“子供は親の背を見て育つ”からだ。

私の大好きな「教職員3世帯組み」のお子様たち、また彼らのお子さまの同級生の近所の母・子、
は、立派な付回し・監視屋さんじゃないですか。
他人の子供の教育に一生懸命になるのもいいですが、
今一度ご自身のお子さまのお顔、よーく見てみるといいですよ。
物凄い目つきです。子供は正直だから…親がニコニコっとして「こんにちわ~」と
嘘の笑顔を振りまいても、その横のお子さまは実に意味ありげな表情をしていらっしゃる。

子供の為、子供を守る為…?…が聞いてあきれる。

少し前に、わが地域の防犯パトロールの予算について、2chにUPした後、
板が落ちて、集ストやどこぞのお国についてのスレッドが一気になくなってしまった。
税金はその用途は公開されるべきものだから問題はないと思うのですが。
問題ありましたかね?
そういえば、自治会関係の例の方の記事で分かったのですが、
防犯パトロールでは電気代も結構予算食ってるようですね…。
電気代……電気……

無駄遣いはやめなされ!
スポンサーサイト
この記事のURL | *町内会・自治体・行政・政治との関連 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<あなたどなた? | メイン | 映像流出>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://houou1.blog75.fc2.com/tb.php/101-1e2039f6

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。