FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
天に向かって唾を吐く
2010/11/30(Tue)
2010.11.30(火)曇り

今日で11月も終わり。どんより曇ってとても寒い。

ブロ友さんの最近の記事で、レーザーで冷やす を読んだが、なるほど納得。
醜い魔物たち、音波と併せて特に最近の‘お気に入り’のようだ。

先日「大きな(攻撃)ウェーヴ」(11/25)をUPした後、また変化があった。
近隣のパターンがまるで‘マスゲーム’のように‘揃っている’のが面白い。
(でもさすがにもうどうでもいい。アホくさくて…^^)

・・・

「天に向かって唾を吐く」‘因果応報’ともいう。
これまでは、子・孫…3代先とか比較的長いスパンで結果が出ていたようだが、今は違う。

私は魔物たちの姿について‘顔色が悪く、歪なオーラで云々…’と何度となく書いてきた。
それは、自ら発する日々の悪想念によって魂(心)が穢れてしまっている証拠 とも言えるし、
波長の合った本物の魔物(低級霊・邪霊)に獲りつかれてしまったからだとも言える。
この2つがとりわけ大きな要因だと考える一方で、ふと思ったのが…、
彼らは、自身が(ターゲットに向けて)放った電磁波エネルギーに実はやられている(害を受け
ている)のでは?
ということ。。。

彼らはしっかり計算して攻撃している。
なので彼らからすれば、自分達に害が及ぶなんてあり得ないお話、のはず。

しかーし、ちょっと思い浮かべてみて欲しい。静かな水面に小石をポトンと落としてみたシーンを。
小さな石であっても‘波’という余波(エネルギー)が水面全体に広がっていく。
水面においては‘波’という形でそのエネルギーを目にすることができるが、波が消えても発信
したエネルギーはこの宇宙空間をめぐりめぐっている。

彼らがターゲット(私)に向けて発したエネルギーは私を上手く直撃し何らかの不快・苦痛を
与えて通り過ぎたとしても、それで消滅する訳ではない。

めぐりめぐって、発信した‘産みの親’にいづれ帰属するものと私は考える。
なぜなら、彼らの発した殺人もどきエネルギーと波長が合うのは、結局彼らだからだ。
                   <類は友を呼ぶ>
彼らがいくらシラを切っても、エネルギーが彼らを記憶しているはずである。
時空を超えて、しかるべき時にしかるべき形で自分や子や孫に帰ってくるのだ。

<ガスライティンング>・<電磁波攻撃>・<盗聴盗撮>・<破壊行為>・<住居侵入>…<洗脳>・<人体実験>も?
彼らは毎日せっせ、せっせと寝る間を惜しんで、天に向かって唾を吐き続けている。








スポンサーサイト
この記事のURL | *想うこと* | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<神仏を使い物にした見返り | メイン | 北側隣人奥による睡眠誘導(強制睡眠)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://houou1.blog75.fc2.com/tb.php/128-a2f4d079

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。