スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
リフォーム後の出来事
2011/02/07(Mon)
2011.2.7(月)晴れ

最近思う。一体いつから自分たちは被害者なのだろうと。

全面リフォームしてまたこの地に住み始めて…。

①まず、団地の入り口にある簡易地図。
我が家はリフォーム前、貸家として人に貸していた。
なので↓のような簡易地図には以前の住人の名前がまだ書かれていた。
当然前の住人の名前の部分だけペンキで消して上書きするものと思っていた。
(隣近所の団地の地図も住人が入れ替わるとそうしていたからだ。)
ところが、住み始めてしばらくして、いつの間にか全体的に書き直されていたのだが、
見た瞬間、目が点になった。
――――――――――――
|氏 名|氏 名|氏 名  
|番 地|番 地|番 地
――――――――――――
我が家だけ‘狭く’書かれていたのだ。誰の目からみても明らかにそうと分かるように。
団地(住宅地)となのだし、そうそう余程敷地に極端な違いがなければ、別に同じ大きさでいいじゃないかと思えてならないが…。
(実際には南隣(古株隣人)宅が一番小さい(狭い)。他にも‘こんなところに家を建てたの?’と思える狭い敷地の家があるのに。)
これには越してきた早々、何となく悪意を感じたものだ。

当時の自治会長は分からないが、班長は南隣の古株隣人=一番小さな家の人(納得。明らかに故意だ)。

②次に我が家が班長になった時(2006(H18).4~9月の半年間)回覧物が足りなくなるということが起った。
班長として班の分の回覧物をもらう時点で確認はしてあるし、回覧する時点でもそうだ。
翌月にはそんなことがないようにと家族で部数を念入りに確認して回覧した。
ところが、やはり足りなかった。
(一体どういうことだろう…)
なのでそのさらに翌月は、私がある程度個別に配布し、残りを回覧した。
その要所要所でその時点で残りの部数が足りているかを確認までした。

これも嫌がらせだったのか?(今考えればかわいいものだ)


③そして「揺れる家」でも書いたように、1Fで横になると気持ち悪い感覚と頻繁な地震に似た揺れを感じたりした。

振り返ると、ざっとこんな感じ…
スポンサーサイト
この記事のURL | *回想(隣人が越してくる前) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<誤解 | メイン | 脳機能を活性化?他人の脳波でバーチャル・リアル体験>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://houou1.blog75.fc2.com/tb.php/173-74de11c3

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。