スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
(2)マインドリーティング/マインドコントロール(脳波を強める条件)
2011/02/17(Thu)
2011.2.17(木)雨

脳波を盗る、これはイコール【思考盗聴】なのか?
(私には思考を読むというより、脳そのものに外部から何らかの情報を送信できるかどうか、植えつけられるかどうかなどの操作を必死で試しているように思える。)
そして【思考盗聴】があれば【視覚盗聴】があっても別に不思議ではない。

さて、頭への攻撃が強くなってからこんなことはないだろうか?
「見知らぬ人から道順を尋ねられることが多くなった」(誰でも知っているような場所をわざわざ聞いてくる)
「不自然に‘赤’などの強い色を目に付くところに配置されている」(普段‘赤’など身につけそうもない近隣が真っ赤なシャツを着てウロウロしたり、時期はずれに真っ赤なポインセチアを戸外に配置…など)

これまで観てきて彼らのやることには必ず意味がある。
道を聞くのは、ターゲットがきちんと順序だてて説明できるかどうか(思考力・記憶力を試していると思われる。ダメージを与えたか、与えているとすればどの程度なのかを量るため?)…まるで認知症の検査のようだ。
‘色’は視覚盗聴を試しているのだろう。‘赤’は(被害者の)目が行きやすい上に、(加害者にとって盗聴具合の)分かりやすい色だ。
そしてこれはやっている人間自身が色・形を知っているものでなければならない。
なのでやっている人間自身、もしくはその身近な仲間が演出するケースが多いと考えていい。
(私の場合勿論、隣・向かいの学校の先生方である)

参考までにそれらを試みる為にはターゲットに各器官の周波数(脳波など)を強めておく必要がある。
その為、
 「予め脳や体に電磁波をバンバン浴びせておく」
 「アメと鞭を使って感情の強弱を付ける工作を予め行う」
 「甘いものを摂らせるためにあらゆる工作を行う」
 「甘いものを摂らなければターゲットがたっぷり食事を摂ったあと眠らせることができるタイミングを狙う」
 「甘いものも食事も摂らず感情も落ち着いていて脳波が弱い時は、激しい攻撃を目や頭に浴びせる」
そして「雨が降っていない時」

天気予報を見て、上記の条件を整えて、仲間を集め…まさに組織的犯罪。


スポンサーサイト
この記事のURL | 生体情報/思考盗聴/睡眠誘導 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<(3)マインドリーディング/マインドコントロール…(五感・思念映像) | メイン | (1)マインドリーディング/マインドコントロール…(脳波を盗る)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://houou1.blog75.fc2.com/tb.php/182-392c57c1

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。