FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
加害波(光)の熱量
2011/03/04(Fri)
2011.2.5(金)晴れ
(本日2本目)

1本目の記事で触れた、腕まくりしていた部分の‘強烈な日焼け’状態は、
・建物の外からの兵器での照射
・車のミラーに太陽光(加害光もミックスしているのかも)を反射させて照射
が考えられる(というか、間違いない…実際に何度もミラーからの光を確認している)。
・・・
突然ですが、
同じ大きさのペットボトル(私は1.5ℓを使用)を何本か用意し、
それぞれに同じ量の(←ココ大事)水を入れキャップ(フタ)を取って(←ココも大事)並べる。

ある朝、驚いた。
ある1本だけ水が大きく減っている。他はほとんど変化がないのに。
しかも容器の内側は‘汗’をかいている…。
この1本は、夜横になった際私の頭頂部の先に置いていたもの。
内部に汗をかくくらいだから、ボトル内部は‘蒸し状態’だったのではないか?

そして昨晩、もう一度試してみた。
水を同じ量入れて、キャップを取り枕元にズラズラと綺麗に並べてみた。
頭を動かさないよう寝方を工夫し、あまり眠らなかった。
起きてきると、やはり頭頂部の先にあるペットボトルの水だけ、明らかに減っていた。
(写真を撮ったが、マイクロ波による赤外線のためか、なかなかピントが合わず
シャッターを切るも画像が良くなくUPは略)

たった一晩でこれだけ蒸発するとは…。
しかもピンポイントで頭頂部を集中照射している…。
・・・・・
家の外でも、鉢植えの土の乾燥状態を見ると、明らかに不自然な乾燥の仕方をする。

鉢植えをチェックし(今日は水をあげなくてもいいな)を思って外出する。
1時間ほどして帰宅すると、あっさり乾燥ということも度々。
東側、北側…と同方向に複数の鉢を並べている(勿論それらは同じ(自然環境の)条件下だ)。

結論から言うと、枕元のペットボトルと同じ…特定の場所を狙っていると思われる
(そんなムラのある‘蒸発(乾燥)’の仕方)

※体に感じても、(体が慣れてしまって)感じなくても、
(1本目で書いたトイレへの光の照射のように)ありとあらゆるところから
加害光を照射されていると思った方がいいのかも。。。
※加害光の照射はこの辺りのような小さな戸建て住宅地においては
隣近所にも少なからず影響があるのか、
近隣が次々に外出していくのが合図とでも言うように照射が開始される。













スポンサーサイト
この記事のURL | 電磁波(音・光・熱)・希ガス・赤外線(レーザー・サーモ) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<彼らの くおりてぃ | メイン | 目を閉じると見える3つの加害光>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://houou1.blog75.fc2.com/tb.php/195-fbbc6c61

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。