FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
加害について(手法)
2011/05/24(Tue)
2011.5.24(火)雨

加害について他ブログより抜粋です。
これまでの観察・経験から私も同様の部分が多かったので。。。
(特に経験上、深く同意、また強調しておきたいものは太字にしました。)

・・・
『不幸のブログ』被害と健康へのアドバイス より部分抜粋。

今日一つ目の記事です
   …
最近は締め付けられるだけではなくて
熱で焼かれたようなひりひりとした痛みも多く
現実に熱での関与が増えている事もありますし…

熱を持った空間が突然出来上がる体験も頻繁に在りますし
音波やマイクロ波を複数箇所から照射しては
其処に熱の塊、低温のプラズマでも作っているのだと想像しています。

電磁波は二つ交差させればスカラー化して更に人体にとって
有害になりますし、三つ交差させればプラズマ化
する事も出来るようです。

プラズマ兵器は其れを応用したものですし
現実に存在しています。

奴等は外からは見えない場所、
証拠として認識出来ない事を
加害行為の中心
としている気配があります。
   …
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この医療用技術の悪用とも言える関与は
とても細かい精度を持って人間の人体に対して
関与する事が出来るものです。

勿論一つの技術だけではなくて
複数の技術を利用してのものですし

其の中にはレントゲンのように身体の中を撮影したり
赤外線カメラのようなもので壁の向うから
こちらの動きを見れるような技術
もあります。

身体の特定の場所を特定して其処に関与してくるような技術は
間違いなくパソコンの様なもので管理しなければ無理でしょうし
キャドの立体画像のように人体の立体画像を取り込んでいるとか
しなければ無理だと言える関与も多いです)

パソコンモニターを見据えてオペレーターは科学力を照射している。。

・・・(本文はまだまだ続きますが抜粋ここまで)

先日の深夜の加害で、改めて確認できたのは、
①就寝時(最終的に体の位置が確定、一定時間体が移動する可能性が低い(固定)という意味で)
スキャンやレーザーなどで位置を確認
→②体の攻撃部分を確定
→③‘ピュン’という空間に響く音(無線か何か)で周囲に待機している複数の加害者に合図
→④合図により各々(複数の色)のレーザーで確定した攻撃部分に焦点を合せる
→⑤そのピンポイント部分に、様々な加害波・加害光をのっけて…複数の、複数による攻撃開始

それぞれ別の色のレーザーを使うことにより、オペレーターも分析&指示がしやすいとか?
(「あっ、グリーン(のレーザー)もう少し角度を上へ」なんて…)

また‘音波’は加害の際のあらゆる‘音’を消すのに大活用されています。
窓やドアの開閉(加害者宅の庭やベランダに機器を設置したり、レーザーの目視など)、
我が家の周囲をうろついたり(機器の設置=至近距離からの加害)、
設置した機器の向き・角度の調整・スイッチのon/off…

これくらいの音…つまりは我が家のごく近くの住人の仕業であることを自ら証明しているようなもの。




スポンサーサイト
この記事のURL | 電磁波(音・光・熱)・希ガス・赤外線(レーザー・サーモ) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<生理の具合を見たくてたまらない輩たち | メイン | 深夜のできごと>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://houou1.blog75.fc2.com/tb.php/217-8a4c300d

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。