スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
BMIについて(3)弊害
2012/01/09(Mon)
2012.1.9(月)晴れ
BMIは表向き、<脳と機械>をつなぎ将来的に脳疾患・精神疾患の治療・リハビリに役立てるということのようですが、急増しているそれらの疾患そのものも、故意に作られている気がしています。
それは実際に加害を受けてみてつくづく感じることです。

若松が引っ越してきてきてから始まったかのように見える加害ですが、実はこの団地ができてまもなく30年くらい前になりますか…その頃からなにかしらあった気がします。
引っ越してくる近隣が、次、また次と大きな病気で倒れたり、亡くなったり、それがじゅんぐりときて
さすがにこの土地には何か(祟りではないけれふぉ)あるんじゃないかと話になったくらいです。

私自身も子供の頃ここに引っ越してきて、すぐに中耳炎・蓄膿になりました。
今、強い音波を耳の中に入れてくることがありますが、覚えている中耳炎の痛みとよく似ています。
また子供の頃蓄膿で何年病院に通っても一向によくならなかった理由(本当は病気ではなく電磁波のせいだったこと)もわかりました。

北側2軒隣の日蓮さまのお題目をお唱えしている家は昔からハム無線をやっていたそうで、
ハム無線の電波は相当に強力なようですね。
いつのまにかその家のベランダにポールがたてられていました。
旦那は晩年痴呆が入りなくなりましたが、息子は電気屋さんか何かだそうでそういったノウハウ、電波とか加害行為にはうってつけの人間。

近隣で倒れたり亡くなったりしているのは、脳疾患と筋疾患が圧倒的に多いように思います。

このハム家、…の北隣の奥さんは躁鬱なんじゃないか…と言われているし、
このハム家、…の近くの方は、頭をハム家方向にして寝ると気分が悪くて眠れないといい、旦那が脳疾患で早くに死亡。
また私はこのハム家のある北側に頭を向けて寝ると同じく変な感じがしていた
(これは若松が住んでいる家が建つ前から。)

・花粉症、風邪(くしゃみ・鼻水・せき・目のかゆみ)
・めまい、ふらつき
・頭痛
・トイレが近くなる
・腹痛、下痢
・耳鳴り
・眠気
(超音波・低周波などの機器による)
レーザー、赤外線や紫外線は、皮膚疾患(やけど、かゆみ)・目疾患・老化現象を。
これが長期的になれば、やはりガンやリウマチ、筋疾患、脳疾患…ということになるんでしょうか。

若松たちが今必死なのは<私の脳>とつながることと体への関与。
その執着っぷりは見ていて人間業ではありません。

昨日の新聞には、BMIの期待されるべき良い面だけが記載されていました。
何でもそうですけど、考えうる弊害はなかなか公表されません。
それが一方ではどんな使われ方をし、どんなことが起こるか…
被害者となってはじめて、そういったハイテクに対するものの見方がかわるのです。

スポンサーサイト
この記事のURL | BMI(ブレーン・マシーン・インターフェース) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<BMIについて(4)加害者の動き | メイン | BMIについて(2)環境整備>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://houou1.blog75.fc2.com/tb.php/246-db60e995

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。