スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
BMIについて 音の操作と被害者宅への侵入Part2(宅配業者)
2012/01/12(Thu)
2012.1.11(水)晴れ

(→つづき)

もともと、私は部屋の模様替えや庭いじりをわりとよくする方で、昨年も例にもれず何度となくやった。
仕事に行っているはずの近隣が即効で戻ってきたり、張り付きぶりは半端なかった。

Part1でも書いたが、私が模様替えや庭をいじると近隣の車の往来があわただしくなる。
どんな変化も見逃さず、即対応。
我が家周囲においても加害波照射・生体情報収集の邪魔になるものは、とことん排除という徹底ぶり。

私は最近、庭の植物のために防寒対策をした。
それからだ。ひところからすると最近は割りと落ち着いていた近隣加害者たちの動きがその頃からまた活発になったのは。ちょうど冬休みでもあり…。

(1)宅配業者による玄関ドアopen&宅急便屋さんになりすます機器担当者(加害者)
昨年は、通販をよく利用した一年だった。
ある時、インターフォンを利用せずいきなり玄関ドアを開けて「○○さ~ん」とやってきた宅配業者があった(宅急便の車に気づき玄関前にいたからわかったことだが)。
明らかにその業者はピンポンを鳴らさず、外からの声かけもなしにいきなりドアに手をかけた。

その後も、その業者と同じ会社の宅急便が配達のときは不快に感じることが多く、
しだいに「これは家の中がの様子を見たいのでは…」と思う言動が多かった。
「もしそうなら、見たい張本人(加害者)が業者に扮してやってくることはあり得る…荷物くらい誰でも運べるのだから。あの業者ならあり得る。」と思った。

そんなある日の夕方、その業者の配達があった。
ピンポンがなり、インターフォンごしに「はい、すぐ行きます」と答えているのに、
こちらがドアを開ける前に彼が開けてきて…。
私は半ば強引にドアが開けられたのにびっくりしたが、普通なら「あっすいません、○○さんのお宅ですか?」とくるかと思いきや、彼の目が‘私’ではなく私を通り越して明らかに家の内部に鋭く向けられていたのを私は見逃さなかった。
その目は、業者は業者でも別の業者の目。
彼の任務は宅配なんかではなく、家の中がどうなっているか‘自分の目で’確かめたかったのだ。
自分以外の「ああでしたよ、こうなってましたよ」という素人目の情報ではなく、
加害や機器の設置に役立つ情報をなんとしても自分の目で見たかったのだ。
まだ暑い季節で、しかも夕方といえば、たくさんのお宅を回った後でもあるしとても汗臭いものだ。
なのに彼のその横縞の制服のシャツは下ろしたてのように綺麗で、汗の匂い一つなかった。
結局彼は、最後まで私の顔を見ることなく、声すら発することなく荷物を置いて帰っていった。

(あの目、一重で、きっと中学・高校の時は内向的でお母さん子?
って、そんなことはどうでもいいのですが、あの目、彼に一度どこかで会ってる気がしてならない。)

あれからすっかり季節がかわり、我が家の家の中も年末の大掃除などでまた変わっている可能性は大きいわけで。

今日の生協の件、いつもの壱岐→我が家という順序が変わり、
生協がもうそこにきていることが分かっていながら私にインターフォンが聞こえず、
結果的に、生協のお兄ちゃんは我が家の玄関をOpen…。
撮影したんでしょうか?したでしょうね、彼のあの様子だと。

私のどうでもいいような話にも必死に‘普通に対応しなくては’との思いからなのか
とても力が入っていた生協のお兄ちゃん。

→Part3へ続く
(2)回覧板の利用法





スポンサーサイト
この記事のURL | 生体情報/思考盗聴/睡眠誘導 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<BMIについて 音の操作と被害者宅への侵入Part3(回覧板の利用) | メイン | BMIについて 音の操作と被害者宅への侵入Part1>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://houou1.blog75.fc2.com/tb.php/253-8abce0a3

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。