FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
寒い朝にほてった体
2010/10/29(Fri)
2010.10.29(金)

随分寒くなりました。
この分でいくと朝方は結構冷えるだろうな…と思いつつ、今朝目覚めてみると体がとてもほてって
いました。(何度も言います。更年期ではありません^^)
「なんだ、そんなに寒くないじゃん…」
しかし、別の部屋にいくと「さむっ!」
支度をして外にでるともっとさむっ!
自分の体が相当の熱を持っているのを殊更に感じた朝でした。

これまでマイクロ波(赤外線)と思われる照射は北側方向宅専門でして…
それ以外のところから感じたことはありません。

`あっ、きてる(照射されている)!’と体が察知した時と(照射の方向も分かりますよね)、
何も感じない時にそれぞれ`あるモノ’を通して北側方向宅をみると違いがはっきり確認できるのです。

「マイクロ波(赤外線)は`あるモノ’を通して見ることができます」と過去記事で書いたから
でしょうか…最近攻撃パターンが変わり、少なくとも(‘あるモノ’で確認され易い)夜間の攻撃は、
私が眠ってからということになったようです。(ここで、カーソルが妙な動きを始めました…+.+)

そして最近、私がコロコロと寝る場所を変えるので、最終的に寝る場所が決まって部屋の電気を消す
一歩手前(就寝場所確定)段階で彼らは‘位置について’、まず確実に眠らせるための睡眠誘導を
…‘用ー意’(すごいですね~相変わらず)、そして私が眠りに落る…‘スタート!!!’。

基本、就寝中はマイクロ波だけでなく何でもやりたい放題のはずです。

たまに朝まで寝ない夜がありますがそんな時は「こんな真夜中に何ぞや?」明らかに不審な人や
物音、時には近隣の往来、そして車の往来、機材の音などこれまで何度も確認できています。
私の寝る場所によって攻撃&実験の担当が決められていて(誰が何を…)、必要に応じて
機器の移動もしくは人間自体の移動を行っているのでしょうね。
結局私が一晩中眠らなければ、午前3~4時くらいの間に一部の方(お車でお越しになり
スタンバッていらっしゃる方)は撤退なさいます。

睡眠誘導による眠りは、自然の眠りとは‘入り’が違いある瞬間スパッと…気がついたら朝です。
その間、一度も目覚めることはありません。まるで麻酔をかけられたような…
<麻酔>?

私は加害者に学校関係者と医療関係者が多いことをとても重視しています。
(一旦ここできります)
スポンサーサイト
この記事のURL | 電磁波(音・光・熱)・希ガス・赤外線(レーザー・サーモ) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<光線療法機器から学ぶ半導体レーザと希ガス | メイン | 激しい耳への攻撃>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://houou1.blog75.fc2.com/tb.php/90-55599d01

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。